宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< 「無意識にゆだねる」NLP(神経言語プログラミング)の一つの到達点 | main | "成功法バブル"に踊らされるな! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
この人のコーチング、本物ですね
コーチング―言葉と信念の魔術
コーチング―言葉と信念の魔術
落合 博満

落合監督率いる中日が見事優勝しましたね。

昨晩、NHKのスポーツ番組で落合監督のインタビューを見ました。

うーん。この人のコーチングは本物、と思いました。

ほんとに選手の可能性を信じきっていますね。

「ベストのコンディションで送り出すだけ、試合が始まったら監督は何もできない。ただ見守るだけ」

「選手はだれもエラーしようとか、打たれようとか思っていない。ミスした時には選手自身が一番よくわかっている。わざわざ自分が怒る必要はない」

うろ覚えですが、落合監督の言葉を再現しました。

まさしく、コーチングが伝えようとしていることです。

野球という勝負の厳しい世界で見事に実践し、成果を挙げたことは
画期的だと思います。

そのほかインタビューで印象に残ったのは、ピッチャー交代のときに
ピッチングコーチではなく、落合監督自らがマウンドに行くことについて
聴かれた時の回答。

「あそこはスタンドから罵声を浴びる一番いやな時なんです。わざわざ、ピッチングコーチに行かせる必要はないでしょう」

(コーチングにおける)コーチとしてはもちろんですが、リーダーの姿勢としても素晴らしいですね。

紹介した本はかなり前に出た本で、自分はちゃんと読んでいませんが、ぜひ読んでみたいと思いました。









| 宇都出雅巳 | - | 12:22 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:22 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/15
「コーチング」〜「見てあげること」の大切さ〜
コーチング―言葉と信念の魔術posted with amazlet on 06.02.14落合 博満 ダイヤモンド社 (2001/09)売り上げランキング: 60,893おすすめ度の平均: 昨年の中日の優勝を予感させる。 コーチングする際とされる際のアドバイスをまとめた本 個性の中にある普遍性Amazon.co.
| 本のソムリエ提供!【今日の名言】 | 2006/02/14 11:54 PM |
+ LINKS