宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< 天才は異能ではあっても異常ではない | main | 精神科治療からコーチングの導入・関係づくりを学ぶ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
インターネットが数十倍面白くなる
 「アーキテクチャの生態系」

なんとも小難しいタイトルですが、読んでみると、「なるほど!」と何か謎がとかれていくというか、視界が開けていく感じで、とても面白い本です。

扱っているのは、ここ最近、インターネットに登場したおなじみのサービス。

グーグルはもちろん、ブログ、2ちゃんねる、ミクシィ、ウィニー、ニコニコ動画、さらには最近流行りのツイッター、フェースブックまでカバーしています。

そして語られるのはこれらの「使い方」でも「技術」でもなく、感情的な「批評」でもありません。

語られるのは「アーキテクチャ」

「いわゆる構造のことね」なんて早合点してはもったいないです。普通名詞としての「アーキテクチャ」ではなく、米国の憲法学者、ローレンス・レッシグが論じた新しいコンセプト。
規範(慣習)・法律・市場に並ぶ、人の行動や社会秩序を規制(コントロール)するための方法。
日本語訳としては、東浩紀氏が「環境管理型権力」と名づけているそうです。

その特徴は、’ぐ佞旅坩戮硫椎柔を「物理的」に封じてしまうため、ルールや価値観を被規制者の側に内面化させるプロセスを必要としない。
◆,修竜制(者)の存在を気づかせることなく、被規制者が「無意識」のうちに規制を働きかけることが可能。これまた小難しいので、本書で挙げられている例を紹介しましょう。

1つは飲酒運転を規制するものとしての「アルコール検出装置」。みなさんご存知ですか?

私はニュースで見たことがありますが、自動車にアルコール検知機能をつけて、エンジンをかける前には必ず息を吹きいれて、アルコールが含まれていないことが確認されていないとエンジンがかからないものです。確か本人確認は顔を撮影、照合するような仕組みがあったと思います。

これを飲酒運転を規制する法律や、その法律で罪を重くしたり、罰金額を上げるといったことと比べてもらうと、「アーキテクチャ」ということがどういうものかが少しわかるでしょう。

また、マクドナルドなどのファースト・フード店の椅子の堅さ・BGMの大きさ・冷房の強さといった例も挙げられています。椅子が堅ければ、お客さんは長いしないでしょうし、混雑時はBGMの音量を上げたり、冷房を強めて不快指数を上げれば、店の回転率を上げられます。

そういわれてみると、私たちの周りには、さまざまな「アーキテクチャ」、「環境管理型権力」があることに気づくでしょう。 

と、説明がながくなりましたが、この「アーキテクチャ」というところから、インターネットのさまざまなサービスを分析し、そこから「日本」というものの特長も浮き彫りにしようという取り組みを行っています。 まずはグーグルから……
 グーグルは膨大なインターネットサイトから、キーワードに関連するページを見事に検索して表示してくれます。

グーグルの何が画期的かはご存知の方も多いと思いますが、そのページの「内容」によって重要性を判定するのではなく、どれだけページからリンクを貼られているのか? また、どれだけ重要なページからリンクを貼られているのか? といった「内容」とは直接関係のないことで判定したことでした。

そして、リンクを貼っているのはグーグルではありません。個々のインターネットユーザーです。
これはいいかえれば、グーグルは<リンクを貼る>というユーザーたちの行動を、自らの検索結果の精度を高めるための「協力」ないしは「貢献」として、いつのまにか利用しているということです。
われわれは、知らず知らずのうちに、グーグルに協力しているわけです。まさにこれが「アーキテクチャ」です。

そして、この宇都出ブックセンターもその1つですが「ブログ」

ブログが急速に普及した理由は、ブログがグーグルの検索と相性がよかったからです。ブログを書くことは知らず知らずのうちに、大量のリンクを生み出します。それがグーグルの検索構造にマッチして、ブログが検索結果の上位に入りやすくなったのです。そして、そのために、別のブロガーの目にも留まりやすくなり、ブログ間のリンク貼りも促進しました、こうして、グーグルのアーキテクチャにマッチした「ブログ」が一気に普及したのです。

ただ、検索結果が上位だというのは必ずしも質が高いとは限りません。たとえば、どれだけ「低劣」な内容のページであっても、それが多くの人々にとって「バカにしたい」という欲望を効率的に喚起する性能を有しているという点で「優れた」コンテンツであれば、多くのサイトからリンクされることで、ますますその存在は認知されていきます。

次に日本が誇る?巨大匿名掲示板・「2ちゃんねる」

ご存知ですか? 私は書き込みはしたことはないですが、「速読ってどうよ?」なんていう話題のところは昔よく読んでいました。(メルマガを出してからは、私の名前や本が話題に取り上げられていて、なんとも居心地が悪く、読まなくなりましたが。。)

この「2ちゃんねる」の特徴は、「スレッドフロー」。 スレッドとは掲示板の1つの単位ですが、このスレッドに1000以上の書き込みがあると、新たに書き込めなくなり、過去のログも読めなくなるという仕組みです。つまり、寿命があるわけです。

また、この「スレッド」はその消費速度という形で、そのスレッドがどれだけ盛り上がっているかの指標にもなります。

ただ、このように「フロー」となるのは、ユーザーにとって過去ログが見にくいという不便が生じているのですが、なぜわざわざこうしているのでしょう。管理人の西村博之氏が次のような考えを持っていたからだといいます。
コミュニティ運営の大前提となるのが、コミュニティがどれだけ盛り上がっていたとしても、数年も経過すれば衰退していくという事実です。それはなぜかといえば、一度形成されたコミュニティは、その内部における結束を高めれば高めるほど、新たに外部からやってくる者から見れば、その結果が逆に「障壁」となってしまうからです。
過去ログがないことで、過去ログを読まなければ発言しにくいといったことはなくなるわけです。さらに、2ちゃんねるは匿名でも投稿できる仕組みであることが、「常連」と呼ばれる人を生み出さなくする構造にもなっているのです。通常のコミュニティであれば優遇する「常連」を排除することによって、新しい人の流入を促し、大きなフローを作ることに成功したわけです。

で、この2ちゃんねるでは何が起きているのでしょう? ウィキペディアのように、壮大な知のデータベースができているわけではありません。そこではコミュニケーションの「内容」ではなく、コミュニーションしてつながっているという「事実」が大事なのです。
もはやそこでは一つ一つのコミュニケーションの内容自体は重要ではなく(あるいは盛り上がるための「きっかけ」にすぎず)、コミュニケーションをしているという事実を確認すること自体が自己目的化している、というわけです。
短い内容で何十通も交わされるケータイメールのやりとりも同じですね。そして、あの「ミクシィ」でも起こっていることは同じといえるのです。
ミクシィ上のコミュニケーションは、そのほとんどが、友人同士のたわいものない日記と、そこにつくコメントと「足あと」を日々確認しあうというものでした。
「足あと」機能というアーキテクチャによって、コメントで言葉を残すことなく、「私はあなたの日記を読んだ」という事実を伝えることができたわけです。それだけではありません。
つまりミクシィは、さまざまな行動履歴を記録し、観察可能なものにすることで、人間関係の「距離感」という曖昧なものを認識し、評価し、解釈し、推察するためのリソース(資源)を提供してくれるアーキテクチャなのです。
ミクシィを使っていた人はこんなことを意識していなかったかもしれません。しかし、それが無意識に作用し、日記やコメントを書いたり、足あとをつけながら、お互いのつながりを確認し、「距離感」を測定するために行っていたのではないでしょうか?

そのほか「ウィニー」「コミットメントなき貢献」へとユーザーを誘導するアーキテクチャだったことや「ツイッター」が時間において「同期」と「非同期」を両立させたアーキテクチャだと解説しています。
すなわちツイッターは、基本的には「非同期的」に行われている発話行為(「独り言」)を、各ユーザーの自発的な「選択」(の連鎖)に応じて、「同期的」なコミュニケーションへと一時的/局所的に変換するアーキテクチャであるということです。
ツイッターの「選択可能な同期コミュニケーション」は携帯電話の「番通選択」(かかってきた電話番号を見て出るかどうか決める)に共通するとも分析しています。私などはツイッターを最近始めたばかりで、しかもほとんどつぶやいていないユーザーですが、こんなふうな解説をされると、なるほどと思います。

さらに「ニコニコ動画」「擬似同期」と言う具合に分析は続き、

非同期の2ちゃんねると擬似同期のニコニコ動画

どちらも「ツッコミ作法」の2ちゃんねるとニコニコ動画

と対比も行われていくのですが、ここらで息切れしてきたので、興味のある方はぜひ読んでみてください。インターネットの違う側面が見えてきて面白いですよ。


また、インターネット上のコミュニティはもちろん、リアルのコミュニティを作り、活性化・維持のためのしくみを考えるヒントにもなります。

そして、「日本」というものを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。
| 宇都出雅巳 | 社会学 | 15:18 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:18 | - | - |









+ LINKS