宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< コーチはポジティブ病におかされていないか? | main | 大根葉がなんともおいしい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「自分もやめられるかも…… はじめられるかも……」と希望を持たせてくれる本
 コーチングでは「人に焦点を当てる」ことが大事になります。

その人の大事にしている価値観、はまりこんでいる思い込み、今味わっている、もしくは味わいきっていない感情など、目の前の人、その奥に焦点を当てていきます。

もちろん、そこから得た学びから、行動に結びつけていくことも大事にされていますが、あくまで中心は人という存在です。

心理学、セラピーでも、行動療法などのように行動に焦点を当てるものもありますが、多くはその人の「心」に焦点を当て、扱っていきます。

確かにこの「心」にアプローチする方法は、大きな変化をもたらします。ただ、一方で、その人の「心」に原因を求めるため、相手を追い込んでしまう部分もあります。

「あの人はやる気がないから」

「○○さんはああいう人だから」

「私には能力がないから」

と他人や自分そのものを責めて、そこで思考停止してしまうことはないでしょうか?

本書は、そんな「心」に焦点を当てるアプローチではなく、人を取り巻く環境、そしてその環境との関係、行動に焦点を当てるアプローチです。

「行動分析学」という学問の考え方で、10年ほど前から日本にも紹介されて入ってきた考え方です。

行動を欲求や意志のような心ではなく、「行動随伴性」なる概念で理解するのが特徴です。

これは、行動のあとに「従い」、あるいは行動と同時に「伴う」出来事が将来の行動を決定するという考え方です。

非常にシンプルで、ちょっと味気ない考え方ですが、言われてみるとそのとおりだなあと思い当たることが多いです。

本書では、タイトルにあるような身近な行為を例に挙げて、やるべき行動を増やし、やるべきでない行動を減らすためのポイントを解説してくれます。

「わかっちゃいるけどやめられない」 もしくは、「わかっちゃいるけど、はじめられない」という悩みを持つ人にとって、何か希望の光が見えてくるかもしれません。

私自身、なかなかやめられない、はじめられない行動があり、半分、「自分では。。。」なんて諦めかけていましたが、本書を読んで、「自分もやめられるかも。。はじめられるかも。。。」と思い始めました。
| 宇都出雅巳 | コーチング | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:42 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/186
+ LINKS