宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< 大空のサムライ−−かえらざる零戦隊 | main | 私の9冊目の本・『どんな本でも大量に読める「速読」の本』の目次とあとがきです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
広井良典さんの最新作『創造的福祉社会』
 1年半ほど前、本書の著者である広井良典さん本は集中的にこのブログで紹介しました。

  → http://utsude.jugem.cc/?cid=17

本書はその広井さんの最新刊です。

これまでの広井さんの著書と同様、これまでの本で書かれていたことを繰り返しつつ、まとめながら、さらにそこに新たな主張が加えられるという構成になっています。


今回の本の特徴としてすぐに目に付くのが、タイトルにある「創造的」という言葉でしょう。

広井さんも書かれていますが、「創造的」という言葉と、「福祉社会」という言葉は、スッと結びつかないかもしれません。

ただし、そこにこれまでの「創造的」ということを見直そうという思いが込められています。
「創造性というと経済競争力や技術革新といったことと連動して考えられることが多いが、発想を根本から変えてみると、これまでのような「成長・拡大」の時代とは、実は市場化・産業化(工業化)・金融化といった「一つの大きなベクトル」に人々が拘束・支配され、その枠組みの中で物を考え行動することを余儀なくされていた時代と言えるのではないだろうか。だとすると、私たちがこれから迎えつつある市場経済の呈上かの時代とは、そうした「一つの大きなベクトル」や”義務としての経済成長”から人々が解放され、真の意味での各人の「創造性」が発揮され開花していく社会としてとらえられるのではないだろうか。
「創造的」や「創造性」という言葉は、無条件に善だと思われがちですが、そこにはいろいろな色がついていることを自覚しながら使うことはほんと大事だと思います。

完全に無色透明になることはできませんし、そこにはいい・悪いはないのですが、常に気をつけていないと、社会の流れに絡めとられていることはよくあります。次のような記述にも「ハッ」と自分自身が囚われていたことに気づく人もいるのではないでしょうか?
以上のようなことを含め、こうした若い世代のローカル志向を、”内向きになった”とか”外に出ていく覇気がない”といった形で批判する議論が多いように思うが、それは全く的外れな意見だと私は思う。海外に”進出”していくのが絶対的な価値のように考え、また「”欧米”=進んでいる、日本やアジア=遅れている」といった固定的な観念のもとで猪突猛進してきた結果が、現在の日本における地域の疲弊であり空洞化ではなかったのか。むしろ若い世代のローカル志向は、そうした日本や地域社会を”救う”萌芽的な動きと見るべきであり、そうした動きへの様々なサポートや支援のシステムこそが強く求められている。
さらに「生産性」という言葉の再定義にも進んでいきますが、これについては、『グローバル定常型社会』にも述べられていて、このブログでも紹介したのでそちらを読んでみて下さい。

  → 『グローバル定常型社会』

本書での新しい展開は、第3章に集約されているように感じました。

第3章のタイトルは「進化と福祉社会−−人間性とコミュニティの進化」

その最初の「はじめに」には、

 「人間についての探究」と「社会に関する考察」をつなぐ、とあります。

こういった視点、発想が、私が広井さんの著作に引かれるところであります。

ミクロとマクロの往復運動ともいえるでしょうか。私自身もそういったことが大事だと思いますので。

広井さんの本は構成が非常にスッキリしていて明確なので読みやすいのですが、本書も章立てもスッキリし、各章ごとにその柱がかかれています。

そして、この第3章の柱は次の3つです。







 ● 人間の歴史を大きく展望した時、物質的な生産の拡大・成長という方向が成熟・飽和し、あるいは何らかの限界に達した「後」の時代において、むしろ豊穣な内的あるいは文化的な発展が展開する

 ● 人間にとってコミュニティ(あるいは他者との関係性ないし社会)とは何か

 ● 近代社会における「倫理の外部化」とその「再・内部化」という問題意識に関するもの

このうち、最後の3つめが私にはとても刺激的でした。

「倫理の外部化」なんていう難しい言葉もでてくるので、ぜひ本書を読んでもらいたいのですが、簡単に言ってしまうと、


 「自由」よりも上位の価値は存在しないことになった


ということ。

そして、貧困救済や平等の実現は「政府」の役割とされて、個人が私利を追求することが積極的に肯定されたことです。


これは自分も「そうだなあ」と納得できることです。そしてこれが行き過ぎて多くの弊害が出ている、さまざまな機能不全が出ていると感じています。

この「倫理の外部化」、自由の絶対化という問題意識を踏まえて、広井さんは次のような価値観の再構築を提案しています。


 ● 個人を起点としつつ、その根底にあるコミュニティや自然の次元を回復していく

 ● 超越性(公共性)に向かうベクトルと内在性(一体性)に向かうベクトルが循環的に融合していく


個人の自由や権利を起点としながら、コミュニティや自然といった各次元の価値を重層的に統合していくものを展望されています。


では、具体的にどうすればいいのか?

その一つのカギは、私も携わっている「コーチング」にあると思います。

「コーチング」は、


「で、あなたはどうしたいの?」

という問いに象徴されているように、個人の思いを尊重し、そこから生きることを基盤においています。

この問いに答える中で、最初はある意味、利己的に見える思いや行動が出てくるかもしれません。

しかし、そこからその思いを深め、行動を実践し続ける中で、自分というものを超えた存在や、他者とのつながりも感じていきます。

自分だけのためでもなく、みんなのためだけでもなく。

そんなところを求め、生きていくことが大事だし、そこから新たな未来が開けていくように思いました。


最後は強引な我田引水的なまとめになりましたが、本書が掲げているテーマはとても大切なものばかりです。

ぜひ本書を読まれることをお勧めします。
| 宇都出雅巳 | 広井良典 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:25 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/214
+ LINKS