宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< 瞬間を生きる哲学−−<今ここ>に佇む技法 | main | 『構造構成主義とは何か?』−『人を助けるすんごい仕組み』の基本原理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「依存する相手が増えるとき、人はより自立する」(『生きる技法』 安冨歩著)
安冨 歩
青灯社
¥ 1,575
(2011-12-23)

JUGEMテーマ:読書

  もう5年近く前になりますが、かなりの衝撃というか「腹落ち感」のあった本があります。

  『ハラスメントは連鎖する−−「しつけ」・「教育」という呪縛』
   

 その後、安冨歩さんに大変関心を持ち、その著作は手当たり次第読んでいました。

 たとえば、『複雑さを生きる』

 自分の出しているメルマガでも4年前に出版された『生きるための経済学』(NHK出版)
  を紹介しました。

   →  「選択の自由は行使不能な自由である」
      

   →  「心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず」
      
 最近は安冨さんの本を読んでいなかったのですが、先日、新聞広告でとても刺激的なタイトルの本を出版されており、びっくりしました。

   『原発危機と「東大話法」』(明石書店)

さっそく買って読みましたが、その際に見つけたのが『生きる技法』です。

本書はタイトルどおり、

「生きるためにはどうしたらいいのか?」

という問いのもと、安冨さんが自らの人生経験と読書から導き出した技法(命題)をまとめたものです。

取り上げられているテーマは8つ。

    自立・友だち・愛・貨幣・自由・夢の実現・自己嫌悪・成長


どれもこれまでの思い込み、視点をひっくり返し、打ち砕く内容です。

まだ消化できていませんが、最初のテーマ「自立」の内容とそこから思い出したことなどを書いてみます。

こんな言葉(命題)が掲げられています。

 「依存する相手が増えるとき、人はより自立する」

  「依存」と「自立」。

  一見、相反するようなことが実は支えあう関係にあるのです。

  普通、人は「自立しよう」とするとき、「依存してはいけない」と思いますよね。

  「依存しなくても生きていけるようになろう」と「自立しよう」としますよね。

  それが間違いだと安冨さんは言います。

「自立とは依存することだ」

  とまで言います。

  でも、よく考えると、これが真っ当な考えであることがわかります。

  こう考えればわかるかもしれません。

「依存する相手が減るとき、人はより従属する」

じつはこれ、ハラスメントにも通じる話です。

「依存する相手が増えるとき、人はより自立する」

この言葉を聞いたとき、以前、あるフォークシンガーがこんな話をしていたのを思い出しました。
(確か、坂庭省吾さんだったような……)

 「日本全国に365人の友だちを作れば、年に一晩ずつ泊めてもらえれば、それで生きていける」

  まさに依存する相手が増えるとき、自立できるわけです。

  「え? それって自立じゃなくて、やはり依存でしょ?」と思われるかもしれません。

  でも、「自立した姿」を思い浮かべてみてください。それって、あなたが望む姿でしょうか? そして本当の「自立」でしょうか?

  なんてえらそうに書きながら、自分はずっと、「自立しよう」として、 「依存する相手を減らそう」としてきたように思います。

  そして、この言葉に出会って、かなり頭が混乱しています。

  そういえば、これと同じような混乱をした経験がありました。

  8年ほど前に参加した研修で、「ヘルプを出す」、つまり助けを求めることの大事さに気づかせる演習があったのです。

  袋小路に陥るような課題を出されるのですが、なんとか一人で解決しよう、解決策を導こうとしてしまいます。

  「ヘルプ(助けてください)!」と叫べばいいのですが、なぜかそう言わない自分がいました。

  演習の時間が終わり、「なぜ、ヘルプを出さなかったのか?」と聞かれ、これは「ヘルプを出すことの大事さに気づく演習だ」と説明されたあとでも、なんのことかわからず、何日も混乱していた記憶があります。

  本書には次のような言葉も書かれていました。

「助けてください、と言えたとき、あなたは自立している」

 あなたは「助けてください」と言えますか?

| 宇都出雅巳 | 哲学 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:08 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/222
+ LINKS