宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< アナタはぜチェックリストを使わないのか? | main | 『関わりあう職場のマネジメント』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
自分を知り、自分を変える―適応的無意識の心理学
 潜在意識、無意識、というと、そこに何か神秘的な力を想像しがちになりませんか?

 マーフィーをはじめ、目標達成・願望実現の方法では、潜在意識の活用は定番です。

 さらには、潜在意識レベルではだれもがつながっている……なんていうことが、ユングの「集合的無意識」なる言葉を使って(ユングの真意かどうかはさておき)よく説明されています。

 ただ、こんなふうに潜在意識や無意識を扱うことで、かえって、潜在意識や無意識といったものに過剰な期待をしたり、逆にその本当の力を過小評価していることにつながっています。

 われわれの今この瞬間、振り返ってみるだけでも、多くの部分を潜在意識・無意識に頼って、私たちは生きています。

 たとえば、心臓をはじめとする内蔵の働き。

 意識していませんよね。 でも勝手に制御され動いています。

 また、今、このブログ記事を読んでいることを可能にしている、眼をはじめとするさまざまな働き。

 何気なく、読んで理解していますが、この背後には意識していないさまざまな働きがあるからこそ、読んで理解できているわけです。

 潜在意識・無意識というのは、意識が何か抑圧したものが収められている場所というような捉え方ではなく、われわれが生きるうえで当然必要な部分・機能としてとらえることができるのです。

 このように潜在意識や無意識を捉え直したのが、


 「適応的無意識」です。
適応的無意識の現代的な見方では、判断、感情、動機などの心の興味深い働きの多くが抑圧のためではなく、効率性という理由から、意識の外で起こる。心は、低水準の処理(たとえば、知覚過程)が意識に到達しないようになっているだけでなく、多くの高次の心理過程や状態もアクセスできないよう設計されているのである、心は、多くのことを同時に並行しておこなうことができる、よくデザインされたシステムである。(P11)
本書はそんな適応的無意識についてさまざまな角度から光を当て、このわれわれ自身が知らない「もうひとりの自分」を明らかにしてくれます。

われわれの中には、間違いなく、わたしたち自身が知らない「もうひとりの自分」がいるのです。

では、どうすればこの「もうひとりの自分」を知ることができるのか?

それを知るカギは……


それは行動であり、身体の反応です。

本書では、家探しの例が挙げられ、お客の好みを見事につかう不動産業者の話が紹介されています。これは私自身の体験からも「そうそう」だと思いました。
最初の見学のとき、不動産業者は顧客が家を見て回るときの感情的な反応に最新の注意を払って、顧客が本当は何を探しているのかを推測する。顧客は自分たちが語ったものとかなり違ったものを好んでいると判断することがよくあると彼女は言う。(中略)
 もちろん買い手はわざと自分が欲しいものについて嘘をつくわけではない。むしろ彼らは自分たちの好みに完全には気づいていないか、あるいはそれらをはっきりさせるのが難しいのだ。知り合いの不動産業者が大変な成功を収めている理由の一つは、彼女が顧客の欲しがっているものをきわめて的確に推測することができ、しばしば顧客自身よりも彼らの好みがわかるからである。(P219)
つまり、自分がどんな家・部屋に住みたいかを考えてリストアップするよりも、実際の家・部屋を見て、そこで起こる感情、身体の反応からのほうが、「本当」の自分の好み、願いがわかるのです。


この本を読み、「適応的無意識」という存在を知ることで、私はとても気が楽になりました。

もっともっと自分自身の適応的無意識を、行動や身体の反応を通して知りたいと思いました。

そして、自分がこれまで思うようにできなかったことなどにも、腰を据えて取り組んでいけそうです。

なお、本書の最後に著者が書いているのは、

「自分について考えすぎるかわりに、自分の行動を変化させるよう試みるべきだ」

というアドバイス。

自分の意識で考えたところで、意識できないことがかなりの部分を占めるのですから、これは当然といえば当然ですね。

行動もせずに、「自分のやりたいことは?」「本当の自分は?」なんて考えるより、

動いてみて、自分がどんな行動・振る舞いをするのか、どんな感情、身体の反応が起きるのかを観察することです。

そしてもし、自分がやりたいことがあるのなら、まずはやってみることであり、なりたい自分があるのであれば、そのように振舞ってみることです。
満足のいく、うまく機能する自己物語を創り出し、習慣的で非意識的な望ましい反応パターンを作り上げるための最も良いアドバイスは、実践し、実践し、実践することなのである。(P282)
いわゆる自己啓発本よりもよっぽど自己啓発してくれる本です。
| 宇都出雅巳 | | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:11 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/236
+ LINKS