宇都出ブックセンター

本が大好きな宇都出雅巳(まさ)が、本の紹介をしています。
<< かなり疑問が残る本だが、いろいろ考えさせられる | main | 人にはそれぞれのスピードがある >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
この本はもっともっと読まれるべき本です
新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallway, 後藤 新弥

コーチングの源流ともいえる本です。プロのコーチを目指す人にとっては、
「コーチングバイブル」と並ぶ必読書といっていいでしょう。

30年も前に出版された本ですが、まったく色あせていません。

ただ、コーチングが流行している日本ではなぜか知られていません。

BEINGのコーチングにしろ、DOINGのコーチングをするにしろ、
その土台となるとても重要な部分を解説しているだけにとても残念です。

その一つの原因は、日本では「日刊スポーツ出版社」から出ていることも
大きいでしょう。


このインナーゲームはもともとテニスのコーチングから生まれました。類書として「インナースキー」「インナーゴルフ」などがでています。

完全に「スポーツ分野」の本というイメージができてしまっているんです。

しかし、中身を読んでもらえればお分かりいただけますが、その他の分野にも
応用が即可能な、本質的な部分に触れた良書です。

最近、「インナーワーク」というビジネスの分野に応用した本も出ましたが、やはりまず読むべきはこの本です。

決して損はしません。

| 宇都出雅巳 | コーチング | 13:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:19 | - | - |









http://utsude.jugem.cc/trackback/8
ワーク・フリーとインナーゲーム
matsukatsu(まつかつ)です。 もう二月なんですね。一年の1/12が過ぎた。 みなさんにとって今年のスタート月はどうだったでしょうか?  ・・・なーんて、“読者”(←そんなヒトたち、いるんか?)との対話を意識した書き方になってしまいました。 そこでい
| 2005年度中小企業診断士試験ストレート合格、ならず! | 2006/02/01 8:59 PM |
+ LINKS